メルマガの配信元アドレスが変更となりました

大和ハウス工業、沖縄・豊見城で県内最大のマルチテナント型物流施設2棟開発へ★差し替え

大和ハウス工業、沖縄・豊見城で県内最大のマルチテナント型物流施設2棟開発へ★差し替え

総延べ床面積12・3万平方メートル、4温度帯対応で22年竣工予定

※大和ハウス工業からの申し入れにより、タイトルと本文中の「県内初のマルチテナント型物流施設」を「県内最大のマルチテナント型物流施設」に修正いたしました

大和ハウス工業は1月12日、沖縄県豊見城市で、県内最大のマルチテナント型物流施設「DPL沖縄豊見城」「DPL沖縄豊見城Ⅱ」を開発すると発表した。

2棟は隣接し、「沖縄豊見城」は地上2階建て、延べ床面積は3万9970平方メートル、「沖縄豊見城Ⅱ」は地上3階建て、延べ床面積は8万3201平方メートルを計画。「沖縄豊見城」は2022年3月、「沖縄豊見城Ⅱ」は22年8月の竣工をそれぞれ見込む。2棟で同県宜野湾市の大型施設「沖縄コンベンションセンター」約6個分の広さを備える。事業費は2棟合計で約219億円。

那覇市の隣の豊見城市に立地し、那覇空港へ車で10分、浦添埠頭へ20分と沖縄県内の物流インフラへのアクセスに優れている。2棟とも冷凍、冷蔵、定温(15~20度)、常温の4温度帯に対応可能とし、コールドチェーンのニーズにも応えていく。

「沖縄豊見城」で最大4社、「沖縄豊見城Ⅱ」で9社のテナント企業が入居できる設計とし、賃貸面積7000平方メートルから利用可能。保育施設も設け、従業員の働きやすさに配慮する。


物流施設の完成イメージ(大和ハウス工業提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事