メルマガの配信元アドレスが変更となりました

コニカミノルタなど、画像IoT用いた物流現場のフォークリフト事故低減サービス開始

コニカミノルタなど、画像IoT用いた物流現場のフォークリフト事故低減サービス開始

カメラで人間と近接のケース撮影、動線改善など提案

コニカミノルタと三井住友海上火災保険、あいあおいニッセイ同和損害保険、MS&ADインターリスク総研は1月18日、画像IoT(モノのインターネット)技術を活用した物流現場のフォークリフト事故低減サービスを始めると発表した。

コニカミノルタの撮影機材を現場に3日間設置、センサーも活用してフォークリフトと作業者が近接した場面を記録する。動画を基に、MS&ADインターリスク総研が内容を分析し、動線の改善や庫内の商品配置変更など事故回避のための改善提案を2週間程度でまとめ、顧客にアドバイスする。

既に昨年12月から、三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保の代理店を通じ、顧客の屋内現場で試行的に運用を始めており、1月以降は本格的にサービス展開して、労災発生の抑制に努める。


サービスのイメージ(いずれも各社プレスリリースより引用・クリックで拡大)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事