新型コロナウイルス感染症への対応について

日通、越境ECの一括代行支援サービスを新たに台湾向けで開始

日通、越境ECの一括代行支援サービスを新たに台湾向けで開始

米国に次ぎ2カ所目、低コスト・短納期実現

日本通運は1月27日、通販事業者が日本製商品の越境ECを展開する際、さまざまな貿易事務などを一括で代行、支援するサービス「海外展開ハイウェイ」に関し、新たに台湾向けを開始したと発表した。同サービスは2017年から米国向けで展開しており、利用者から好評を得ているため、対象エリアを拡大する。

輸出入に関する法令の内容確認や国際輸送、現地のECサイトへの中国語(繁体字)での商品登録、中国語での顧客対応、国際決済といった多様な業務を日通がパッケージで担い、通販事業者の負荷を軽減する。低コスト、短い納期で販売できるようにする。

海外PL保険についても、損害保険ジャパン日本興亜と共同で開発した商品を提供する。輸出の窓口業務は日通グループの日通キャピタル、販売サイトはFun Japan Communicationsがそれぞれ担当する。


サービスの概要(日本通運プレスリリースより引用)※クリックで拡大

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事