画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

CREと山九、物流アセットの最適化へ基本協定書を締結

CREと山九、物流アセットの最適化へ基本協定書を締結

既存拠点への顧客誘致など推進、新規開発時の資金調達多様化なども図る

シーアールイー(CRE)とグループでファンド運用などを手掛けるストラテジック・パートナーズ、山九の3社は3月4日、山九が抱えている物流アセットの最適化に向け、基本協定書を同1日付で締結したと発表した。

物流施設の開発や管理、情報システムや自動化設備の導入支援といったCREが持つノウハウを生かし、山九が国内外で保有・運営している物流拠点への顧客誘致や有効活動を進める。

山九は中長期的課題として、「筋肉質な収益体質構築」と「グローバル化推進」を掲げており、新規物流施設開発の際の資金調達手法多様化、拠点再編なども図る。物流施設の流動化・証券化や海外の拠点開発も視野に入れているとみられる。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事