メルマガの配信元アドレスが変更となりました

長崎・五島で固定翼VTOL型ドローンが離島に処方箋医薬品運ぶ実証実験へ

長崎・五島で固定翼VTOL型ドローンが離島に処方箋医薬品運ぶ実証実験へ

オンライン診療利用、時間を3分の1に短縮と期待

長崎県五島市は3月10日、ANAホールディングス(HD)や武田薬品工業、長崎大と連携し、同市内の福江島港エリアから沖合の久賀島へ固定翼VTOL型ドローン(無人飛行機)で処方箋医薬品を運ぶ実証実験を行うと発表した。

国土交通、環境の両省連携事業の一環として実施。通院困難な離島の住民が医療にアクセスできるようサポートするのが狙い。通常は定期船と陸路で45分程度要する行程を、Wingcopter製のドローンを使うことで約10分に短縮できると見込む。

実験は3月22~26日に実施。自宅でオンライン診療・服薬指導を受けた住民に、ドローンで薬を届けるパターンと、医薬品卸から医療機関へ緊急で薬を搬送するパターンの2種類を想定している。

実験にはNTTドコモやWorldLink&Company(「SkyLink Japan」)、インテグリティ・ヘルスケア、東七、藤村薬品も協力する。


使用するドローン(五島市提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事