メルマガの配信元アドレスが変更となりました

Hacobu、トラック動態管理サービスに運転日報記載効率化の機能追加

Hacobu、トラック動態管理サービスに運転日報記載効率化の機能追加

入庫や出庫の時間などをタブレット端末で入力可能に

Hacobuは4月12日、トラックの動態管理サービス「MOVO Fleet(ムーボフリート)」に関し、ドライバーが事務所や物流拠点で出庫・帰庫時間などを容易に記録可能で、運転日報記載の手間軽減につなげる「ドライバーステーション」機能を追加したと発表した。

タブレット端末を通じてドライバーが操作すれば日報を作成できるため、従来の手書きやデジタルタコグラフを使う場合より業務を大幅に効率化できると見込む。自動着荷(ジオフェンス)機能と合わせれば、運転日報の作成を完全に自動化できる。

運転日報をデータで蓄積するため、運行管理者による労務管理などのデータ集計の手間も大幅に削減。タブレットの画面上で出発前の確認事項をチェック欄として設けられるため、点呼時のアルコールチェックの結果や免許証の所持確認、体温の確認などの確認も併せて実施、運行管理のさらなる徹底にも寄与すると見込む。


新機能のイメージ(Hacobu提供)

(藤原秀行)※写真もHacobu提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事