メルマガの配信元アドレスが変更となりました

センコーとウィラーエクスプレス、東名阪間の「貨客混載」を開始

センコーとウィラーエクスプレス、東名阪間の「貨客混載」を開始

トラックより低料金に設定、小ロット荷物のスピード輸送として充実図る

センコーとウィラーエクスプレス(WILLEREXPRESS)は4月12日、2021年4月からウィラーエクスプレスが運行する高速バスの荷物スペースを使って、小ロットの荷物を低コストで運ぶ東名阪の「貨客混載」幹線輸送を開始したと発表した。

ウィラーエクスプレスは229台のバスを保有、全国主要都市を20路線・297便/日で結び、年間約300万人を超える乗客が利用する。

今回開始する貨客混載に使用する便は、東京(江東区)~大阪(堺市)、東京(江東区)~名古屋(港区)、名古屋(港区)~大阪(堺市)を結ぶ3路線、約50便/日(現在コロナ禍で減便中)。

運べる荷物は1件当たり350キログラム未満。集荷からバスの出発地までの配送、到着後の配送はセンコーが集配手配を行う。

バスの荷物スペースを有効活用することで、例えば東京~大阪の場合、1件1万8000~4万3000円(発着地からの集配距離により変動)と、トラックに比べ低価格で利用が可能。

今後はサービス開始後の状況も踏まえながら、ウィラーエクスプレスが持つ高速バスネットワークをさらに活用し、顧客の希望時間帯・輸送量へ柔軟に対応する小ロット荷物のスピード輸送サービスとして、充実を図る考え。



作業の様子(プレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事