メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ダイフク、作業中にAGVの充電可能なワイヤレスシステムを発売

ダイフク、作業中にAGVの充電可能なワイヤレスシステムを発売

最大100Aで急速充電を実現、設備の稼働率向上に貢献

ダイフクは4月20日、最大100Aで急速充電が可能なワイヤレス充電システム「D-PAD」の新型モデルを同日発売したと発表した。

物流センターや工場で導入が進んでいるAGV(無人搬送ロボット)などを対象に、作業中充電(オポチュニティ充電)を実現。設備の稼働率を高め、24時間運用に貢献する狙いがある。

ロボットアーム付きのAGV「モバイルマニピュレータ」は、AGVとロボットの両方で電力を使用することから消費電力量が多く、頻繁に充電ステーションに戻って充電を行う運用が非効率となっていた。そのため、移載やピッキング作業のために停止した時に充電を行うオポチュニティ充電のニーズが高まっていることに配慮した。

さらにワイヤレス充電では、作業中に車体が振動している状態でも安定した充電が行えるのが強み。

新型モデルは、充電電流を100Aにアップすることで活用範囲が広がり、これまでワイヤレス充電が実現できなかった使用電力の多いシステムにも対応。電圧は24Vと48Vに対応しており、どちらの電圧でも100Aで急速充電できるようにした。


ロボットアーム付きAGVのシステム構成例(プレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事