メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ZMP、物流支援ロボットを小売店舗にも利用提案へ

ZMP、物流支援ロボットを小売店舗にも利用提案へ

商品搬送自動化の導入プラン新設

ZMPは5月17日、台車型の物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」を小売店舗にも積極的に提案していくと発表した。

ホームセンターなどの大型店舗内やバックヤードの入出荷で商品の自動搬送に投入できる導入プランを新設した。自律移動モデルの「CarriRo AD」を5年リース、月額税別4万4000円で提供する。

CarriRoはこれまでに国内の工場や倉庫など250社以上の企業が採用している。小売店舗でも新型コロナウイルスの感染拡大や人手不足を受け、入荷や品出しなどの搬送作業の自動化・省人化のニーズが高まっているのに対応する。


小売店舗での活用イメージ(ZMPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事