メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ヤマタネ、千葉・印西に文書保管専用のアーカイブズセンターを新設

ヤマタネ、千葉・印西に文書保管専用のアーカイブズセンターを新設

9549平方メートル、生体認証セキュリティーシステム採用

ヤマタネは4月9日、千葉県印西市で文書保管専用のアーカイブズセンターを新たに開設した。

鉄骨造の地上3階建て、延べ床面積は9549平方メートル。BCP(事業継続計画)対策として72時間対応の非常用自家発電設備を導入。窒素ガス消火設備や、生体認証セキュリティーシステムも採用している。

「建築物省エネルギー性能表示制度(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)」の最高ランクの5つ星と「ZEB Ready」の評価を取得。1次エネルギー消費量を省エネ基準の50%以下まで削減した高い省エネ性能を備えている。


アーカイブズセンターの外観(ヤマタネプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事