メルマガの配信元アドレスが変更となりました

三菱重工と三菱ロジスネクスト、「港湾の脱炭素化」実現へ荷役機器の新モデル開発

三菱重工と三菱ロジスネクスト、「港湾の脱炭素化」実現へ荷役機器の新モデル開発

第1弾は燃費15%以上改善のタイヤ式門型クレーン、22年秋ごろ発売目指す

三菱重工業とグループの三菱ロジスネクストは5月27日、将来的なゼロカーボン実現を視野に入れた荷役機器の新モデル開発や既存機器の水素燃料電池化などを通じ、港湾で脱炭素化を推し進める「カーボンニュートラルポート」実現を後押しする取り組みを開始すると発表した。

第1弾として2022年秋ごろの発売を目指し、タイヤ式門型クレーン(RTG:Rubber Tired Gantry crane)の新モデル開発に着手した。


タイヤ式門型クレーン(RTG)


燃料電池フォークリフト(FCF)

従来のハイブリッド型で使用される蓄電池の容量は維持した上で、ディーゼル発電機のエンジン排気量・出力を抑え、新たに搭載するエンジンコントローラーにより最適かつ効率的な燃焼制御とすることで国土交通省の排出ガス規制(4次基準値)に対応。CO2やNOx(窒素酸化物)、PM(黒煙粒子状物質)の排出量を削減するとともに、従来比15%以上の燃費改善が見込まれるという。

また、この新モデルは、ディーゼル発電機を固体高分子形燃料電池に換装可能な仕様での開発を進めている。近い将来、ディーゼル発電機と同等に出力可能な固体高分子形燃料電池が市場で流通することが予測されており、これらの燃料電池を既存発電機と換装することでCO2排出量ゼロに対応することが可能になるとみている。

両社は市場動向や技術革新の進捗状況などを踏まえ、現在市場で入手可能な固体高分子形燃料電池の出力レベル同等までディーゼル発電機の出力を低減した場合の効果も併せて検討しており、その結果、従来比で蓄電池容量を5倍以上増加させる必要があることや、燃費は40%程度改善するなどといったデータを得ている。

この新モデル以外にも、ディーゼル発電機を燃料電池に換装することでゼロカーボン化が実現できる製品について、可能な限り多角的に検討していく方針だ。

さらに、港湾において多くの機種が使用されるフォークリフトについても燃料電池化を検討。水素エネルギーの供給インフラが整った地域において燃料電池の普及が見込まれることや、当該地域全体でのカーボンニュートラルへの寄与も大きいことから、まずは積載荷重1・75トンのフォークリフトで燃料電池車を試作。既に実用化に向けて市場での試験を実施している。

今後は水素供給インフラの整備に伴い、大型フォークリフトなどの燃料電池化にも引き続き取り組んでいく予定。


(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事