メルマガの配信元アドレスが変更となりました

SMITH&FACTORY、無人フォークリフトの開発に着手

SMITH&FACTORY、無人フォークリフトの開発に着手

過去には衝突防止システムも、事故防止へより踏み込んで対応

AI・ロボティクスの技術を活用したソリューションを手掛ける東京大初のベンチャー、TRUST SMITHグループのスタートアップ企業SMITH&FACTORYは5月31日、無人フォークリフトの開発に着手したと発表した。

工場内物流や流通現場における事故防止・労働力不足の解消・作業効率の向上を目指す。

近年、機械技術の発達により生産の合理化が進み、搬送におけるフォークリフトの需要が増加している。一方、 フォークリフトによる労働災害の死傷者数は年間約1900人と長年横ばい傾向にあり、危険な状況が続いている。事故原因としては、転倒・転落・落下・追突などが挙げられる。

SMITH&FACTORYは以前から、フォークリフトによる事故の問題に注目しており、過去には「フォークリフトの衝突防止システム」を開発してきた。

東京大発スタートアップTRUST SMITH傘下のSMITH & FACTORY、フォークリフト衝突防止システムを開発

今回は衝突事故だけでなく、フォークリフトに関わるあらゆる事故を未然に防ぐため、より踏み込んで「無人フォークリフト」の開発に着手することにした。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事