メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ヤマト、「置き配」時の個人情報漏洩リスク低減へ二次元コード使用伝票に対応開始

ヤマト、「置き配」時の個人情報漏洩リスク低減へ二次元コード使用伝票に対応開始

「EAZY」で導入、第1弾はZOZOのストア向け

ヤマト運輸は5月31日、EC向け配送サービス「EAZY」で「置き配」時の個人情報漏洩リスク低減に向け、EC事業者が発行する届け先情報の二次元コード伝票に対応した配達を6月1日に開始すると発表した。荷物を屋外に置いていても住所などの個人情報を第三者が読み取れないようにする。

第1弾として、ZOZOが運営するファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で購入された東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の首都圏1都3県エリアへ配達する商品を対象とし、8月2日より対象を全国へ拡大する。

昨年6月にスタートした「EAZY」は、対面に加えて「玄関ドア前」や「宅配ボックス」など、EC利用者の多様なニーズへ徹底的に応え、配達の直前まで何度でも受け取り方法を変更できる機能や、「置き配」時に配達完了通知と撮像データをリアルタイムにメール配信するなどの利便性と安全性で、利用者数を伸ばしている。

一方で、非対面の配達が浸透する中、届け先の個人情報が記載されたままでの「置き配」は「個人情報の漏洩リスクが不安」といった利用者の声を受け、EC事業者と一緒にリスク低減の取り組みを検討してきた。利用者がより安心して荷物を受け取れるよう、EC事業者が発行する二次元コード伝票に対応した配達に踏み切る。


サービスイメージ


二次元コード化された伝票イメージ(配達票あり)


「置き配」時の二次元コード化された伝票イメージ

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事