メルマガの配信元アドレスが変更となりました

クックパッド、横浜市営地下鉄の3駅に生鮮食品宅配ボックスを設置

クックパッド、横浜市営地下鉄の3駅に生鮮食品宅配ボックスを設置

沿線生産・販売者の魅力発信も支援

クックパッドは6月17日、食を通した横浜市と横浜市営地下鉄沿線地域の活性化に向け、横浜市の交通局と連携を開始すると発表した。

横浜市営地下鉄のセンター南駅、センター北駅、戸塚駅の3駅に生鮮宅配ボックス「マートステーション」を同日設置。クックパッドが運営している生鮮食品EC「クックパッドマート」で購入した食材を帰宅時など好きなタイミングで受け取ることができるようにする。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

あわせて、同社と横浜市が2020年11月に締結した連携協定に基づき、7月上旬からクックパッドマートのアプリ上で横浜市内の生産者・販売者の魅力を伝える特集企画を実施。クックパッドマートに出店する横浜市内の生産者・販売者の商品の魅力を沿線住民やクックパッドマート利用者に伝え、販売機会の創出を後押しする。

また、今後の横浜市内のマートステーション設置の参考にするため、横浜市営地下鉄の各駅の利用者から設置希望リクエストの受け付けを開始する。


(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事