メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ブリヂストン、長距離トラックの自動運転技術を開発する米コディアックに出資

ブリヂストン、長距離トラックの自動運転技術を開発する米コディアックに出資

「レベル4」確立と展開目指す

ブリヂストンの米国グループ会社ブリヂストン・アメリカスは6月17日、米国で長距離トラックの自動運転技術を開発するKodiak Robotics(コディアック・ロボティクス)に少数株主として出資すると発表した。

現在、コディアックは米テキサス州のユーザーに対し、限定領域内で原則人間が運転操作にタッチしない「レベル4」の自動運転技術を提供、セーフティドライバー付きの自動運転を実施中。

ブリヂストングループはコディアックとともに「レベル4」の自動運転技術の確立と展開を目指す。

同時に、コディアックの自動運転技術とブリヂストングループが推進する、IoTなどを駆使してタイヤや自動車を適正な状態に保つようサポートするタイヤセントリックソリューション、モビリティソリューションと融合することで、次世代のモビリティに対する安全性や燃費性の向上といったサステナビリティ(持続可能性)への寄与に挑戦する。

ブリヂストングループでは「2050年サステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供する会社へ」をビジョンとして掲げ、中期事業計画(2021~23年度)において、サステナビリティを中核としたソリューション事業のグローバル展開加速について発表している。

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事