メルマガの配信元アドレスが変更となりました

佐川、EC事業者向けに商品タグID自動登録サービスの販売開始

佐川、EC事業者向けに商品タグID自動登録サービスの販売開始

資本・業務提携先のLISUTOからOEM供給

佐川急便は6月23日、商品タグのIDを自動登録するEC事業者向けサービス「スマートAIタッガー」の提供を6月1日に開始したと発表した。

同サービスは資本・業務提携しているLISUTO(リスト、東京都港区六本木)が展開している「AIタッガー」を佐川にOEM(相手先ブランドによる供給)したもので、当初は関東エリアから販売。全国にも拡大する。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

LISUTOはイスラエルに開発拠点を構え、高精度の自動処理や大量の情報を一度に分類・抽出・マッピング・多言語変換する独自開発の最先端AI技術と、商品カタロクや商品データの構造化に関する深い専門知識を組み合わせたEC特化型のAIシステム開発を行っている。

スマートAIタッガーを使うことで、EC事業者にとっては人手を使ってタグ情報をシステムに登録する手間を省けるほか、消費者も商品検索がより容易になるなどのメリットが期待できる。


サービスの概要(佐川急便プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事