メルマガの配信元アドレスが変更となりました

アスクル、配送パートナーに配送管理システムをオープン化

アスクル、配送パートナーに配送管理システムをオープン化

スマホ活用し最適な配送ルート自動作成

アスクルは6月30日、独自に開発した配送管理システム「とらっくる(仮称)」の提供を、配送パートナーの物流事業者向けに、本格的に開始すると発表した。

同システムは自社物流で蓄積されたビッグデータなどを活用して開発、アスクルが活用している。2020年9月から段階的にアスクルのラストワンマイル配送を担うパートナーの物流事業者に開放しており、新型コロナウイルス禍で急拡大を続けるEC市場を支える配送パートナーの業務負荷軽減と複雑化する配送サービスの品質維持向上を目指し、本格的にオープン化することを決めた。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

自社物流によって蓄積されたビッグデータを活用したシステム搭載のスマートフォン端末を用いれば、ナレッジ(配送先の駐車スペースなどの情報)や道路の混雑状況なども加味した配送ルート計画自動生成、配達日時変更や不在再配達依頼などの機能活用により、スムーズに業務を進められる。


とらっくるの概要


配達ルート作成の様子(いずれもアスクル提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事