メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日立物流、安全運行管理支援サービスの提供開始

日立物流、安全運行管理支援サービスの提供開始

ドライバーの生体データなど活用、「疲労」や「ストレス」可視化し事故防止

日立物流は7月12日、輸送デジタル化サービス「SSCV(Smart & Safety Connected Vehicle)」の一環として、安全運行管理を包括的に支援する「SSCV-Safety」の提供を同日開始したと発表した。

SSCV-Safety は、ドライバーの運行前後および運行中の脈拍など生体データと、ドライブレコーダーや車両の挙動などから取得した運転データをAI で分析し、独自に開発した事故リスク予測アルゴリズムとテクノロジーを組み合わせ、ドライバー自身が気付くことのできない「疲労」や「ストレス」を可視化することで、漫然とした運転に起因する事故を未然に防ぐ仕組み。

既にサービスを提供開始している「SSCV-Smart(業務効率化)」や、今後開始する予定の「SSCV-Vehicle(車両管理)」と連携することで、輸送事業者が抱えるドライバーの安全管理強化や労働環境整備につながるとみている。


SSCVのイメージ


新サービスの特徴(いずれも日立物流提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事