LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

ZMP、日本初のロボット活用したコンビニ宅配実証実験へ

ZMP、日本初のロボット活用したコンビニ宅配実証実験へ

来年1月開始、慶応大やローソンと連携

 自動運転技術の開発などを手掛けるベンチャーのZMPは12月5日、日本で初めてロボットを活用したコンビニエンスストアの宅配サービスに関する実証実験を、2019年1月から慶応義塾大SFC研究所(神奈川県藤沢市)のキャンパス内で行うと発表した。

 実験は同大やローソンと連携して実施。ZMPの宅配ボックス付きロボット「CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」を投入。ユーザーがスマートフォンから注文すると、ロボットが自律走行して商品を届けることを想定している。

 キャリロデリバリーはカメラやレーザーセンサーで周辺の状況を認識しながら、最大時速6キロメートルで自動走行する。ZMPは「ラストワンマイルの無人化に挑戦する」と説明している。

(藤原秀行)


「キャリロデリバリー」の走行する様子(ZMP提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事