メルマガの配信元アドレスが変更となりました

シャープなど、モバイル型ロボット「RoBoHoN」同乗による運転行動改善効果を検証

シャープなど、モバイル型ロボット「RoBoHoN」同乗による運転行動改善効果を検証

名古屋大とポットスチルも参加、事故低減期待

名古屋大未来社会創造機構、シャープ、ポットスチルは8月4日、シャープのモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用したドライバー支援システムによる運転行動改善効果を検証する実証実験を、8月30日に開始すると発表した。

高齢ドライバーによる交通事故が社会問題化し、安全運転を支援するシステム整備が喫緊の課題となっているのを受け、名古屋大未来社会創造機構では安全運転を支援する「ドライバエージェントシステム」の研究を推進。本人の想定よりも心身機能が低下していることや危険な運転行動への自己認識を促すこと、運転行動を客観的に評価し結果をフィードバックすること、同乗者の存在により事故率が低下する同乗者効果を利用することなど、事故低減への効果を実証してきた。

今回はこれまでの実証で得られた知見をベースに、名古屋大未来社会創造機構が実験計画を策定。シャープがロボホンをドライバエージェントシステムとして活用するためのアプリケーションを開発・配信し、ポットスチルが収集したデータを分析する。

公募により選出した50人のロボホンオーナーが普段の運転時に使用することで、全国の公道で実証実験を展開。ロボホンを通じて注意喚起や運転行動への示唆などの「運転中の支援」に加え、運転後の運転評価などの「振り返り支援」を行い、運転者に危険な運転への気付きを与えて安全運転を促し、運転者の行動変容効果を検証する。

また、友人や配偶者よりも擬人化HMI(ヒューマンマシンインタフェース)からの指摘の方が受容されやすい点を利用し、ロボホンを介すことでドライバエージェントシステムによる運転評価やアドバイスの受容性が高まることを確認する。

3者はさらに、ロボホンが同乗することで、音声ナビ機能などでは得られない同乗者効果のほか、ロボホンとオーナー間の関係性の強化なども期待している。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事