メルマガの配信元アドレスが変更となりました

パナソニックが東京五輪・パラリンピックにアシストスーツなど提供、競技機器の運搬や歩行を支援

パナソニックが東京五輪・パラリンピックにアシストスーツなど提供、競技機器の運搬や歩行を支援

ロボットでプレスセンターの床清掃も

パナソニックは8月6日、東京オリンピック・パラリンピックに、各種ロボットを提供していると発表した。

グループのATOUNが開発した、重量物の上げ下ろし作業の際に腰と腕をサポートするパワーアシストスーツ「ATOUN MODEL Y+kote」を活用、競技機器などの運搬を支援している。

他にも、メーンプレスセンターの共用部の床を清掃するため、ロボット掃除機を投入。レーザーを用いたセンサーのLiDAR(ライダー)やカメラを搭載、周辺の人や障害物を回避して自動で清掃、集塵ボックスは除菌している。

また、モーターやワイヤーで脚の持ち上げ下げをサポートする歩行支援用パワーアシストスーツ「ATOUN HIMICO」で大会スタッフの疲労軽減を図っている。


パワーアシストスーツ「ATOUN MODEL Y+kote」(パナソニックプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事