テラドローン、豪ドローン活用企業を買収

テラドローン、豪ドローン活用企業を買収

測量の海外展開加速目指す

 ドローン(小型無人機)の飛行管制システム開発などを手掛けるベンチャーのテラドローン(東京)は12月11日、オーストラリアで資源・インフラ分野向けにドローンなどのUAV(無人航空機)活用を手掛けるC4D Intel(インテル)を買収したと発表した。同社株式の過半数を取得、社名を「テラドローン・オーストラリア」に変更する。


握手するテラドローンとC4Dインテルの幹部(テラドローン提供)

 テラドローンはドローンを用いた測量事業に力を入れている。C4Dインテルを傘下に収め、海外展開の加速を目指す。今回の買収で、テラドローンの海外拠点は南アフリカやインドネシア、英国などに続いて10社目となる。

 C4Dインテルはドローンの遠隔操作や衛星などのデータ解析に強みを持つ。テラドローンが所有している、鉱山の地下坑道を測量したり石油のパイプを点検したりする技術と連携させ、サービス内容を広げたい考え。

(藤原秀行)

 

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事