メルマガの配信元アドレスが変更となりました

イノフィスとソーイングボックス、物流など業界向けアシストスーツの販促で提携

イノフィスとソーイングボックス、物流など業界向けアシストスーツの販促で提携

装着時のユニフォームなども共同開発へ

東京理科大発のベンチャー企業イノフィスは9月10日、菅沼縫製グループでオーダーメイドの作業服を企画・製造するソーイングボックス(群馬県館林市)と業務提携したと発表した。

ソーイングボックスが顧客に抱えている医療介護や農業、飲食店舗、宿泊、物流などの業界向けに、イノフィスが手掛けている重量物持ち上げといった工場や物流などの現場作業時に装着して腰などの負荷を減らす補助のアシストスーツ「マッスルスーツ」の販売を促進する。

併せて、マッスルスーツを装着している際のユニフォームなど、新製品や付属品の共同開発にも乗り出す予定。両社が協力し、双方の需要開拓を図る。

(藤原秀行)※ロゴマークはイノフィス提供

経営/業界動向カテゴリの最新記事