メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日野自動車と極東開発工業、トラックの架装部分の稼働状況に関する情報連携の試験運用開始へ

日野自動車と極東開発工業、トラックの架装部分の稼働状況に関する情報連携の試験運用開始へ

冷凍庫内の温度など管理容易に、22年度の本格稼働目指す

日野自動車は9月30日、ダンプトラックやタンクローリーなど特装車大手の極東開発工業と、架装や車両(シャシー)に関するデータ連携の試験運用を10月に始めると発表した。

車載通信端末で冷凍・冷蔵庫やタンクローリーなどトラックの荷台に搭載している架装の部分の稼働状況に関する情報もリアルタイムで取得。庫内の温度上昇など異常を迅速に検知、設備のトラブルを未然に防げるようにし、運行や整備の効率向上を図る。

従来は架装と車両のデータを別々に管理していたが、双方を包括的に管理できるシステムを日野が開発した。冷蔵庫内の温度などの情報をドライバー以外に運送事業者の運行管理者が容易に把握できるようにすることなども視野に入れている。

両社は2022年度のシステム本格稼働を目指す。他の架装メーカーなどにも参加を呼び掛ける方針。


連携のイメージ(日野自動車プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事