メルマガの配信元アドレスが変更となりました

川崎汽船、船舶の排ガスからCO2分離・回収で純度99・9%以上達成

川崎汽船、船舶の排ガスからCO2分離・回収で純度99・9%以上達成

三菱造船や日本海事協会と共同で検証プロジェクト推進

川崎汽船は10月20日、同社運航の東北電力向け石炭運搬船 「CORONA UTILITY」へ搭載したCO2回収小型デモプラントで本船エンジンの排ガスからCO2を分離・回収した結果、回収CO2純度が99.9%以上と計画通りの性能を達成したと発表した。

同社は「海洋資源開発関連技術高度化研究開発事業」の対象プロジェクトとして、三菱造船や日本海事協会と共同で「洋上におけるCO2回収装置の検証プロジェクト“CC-OCEAN”」を進めている。

8月上旬、同船にCO2回収小型デモプラントを搭載後、三菱造船の専門技師が同乗し、プラントの運転やメンテナンス、本船乗組員への機器の操作訓練に加え、排ガスと分離・回収したCO2の計測・分析、評価などを行った。

9月中旬からは乗組員がプラントの運転と計測、メンテナンスを実施しており、引き続き安全性、操作性の評価を蓄積し、今後の商用実機へ向けての課題整理、研究開発に取り組む計画だ。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事