メルマガの配信元アドレスが変更となりました

国交省、「国際海運は50年までにカーボンニュートラル達成」の新目標をIMOに提案へ

国交省、「国際海運は50年までにカーボンニュートラル達成」の新目標をIMOに提案へ

米英などと共同、脱炭素の潮流踏まえ

国土交通省は10月26日、国際海運からの温室効果ガス(GHG)排出を2050年までに実質ゼロとする「カーボンニュートラル」を世界共通の目標とするよう、国際海事機関(IMO)に提案する方針を公表した。

11月22~26日にIMOが開く第77階海洋環境保護委員会で、米国や英国、ノルウェー、コスタリカと共同で提案する予定。国交省は新目標の達成に向け、海運会社などと組んで水素やアンモニアを燃料とする船舶の実用化といった新技術確立に取り組む。

国際海運からのCO2排出量は18年時点で世界全体の約2・1%を占めている。IMOは18年、①30年までにCO2排出量40%以上削減(輸送量当たり、08年比)②50年までにGHG排出量50%以上削減(08年比)③今世紀中のなるべく早期に排出ゼロ――との目標設置で合意した。

脱炭素の機運が世界的に高まる中、より踏み込んだ目標が必要と判断した。IMOのGHG削減目標見直しの作業は23年に完了する予定。

(藤原秀行)

政策カテゴリの最新記事