【動画】建物の工事現場に資材自動搬送システム導入へ

【動画】建物の工事現場に資材自動搬送システム導入へ

三井不動産と大林組が共同開発着手、物流施設で実証実験

 三井不動産と大林組は12月21日、低床式AGV(無人搬送車)を使い、建物の工事現場で資材などを自動搬送するシステムの共同開発に着手したと発表した。物流業界と同様、建築現場も人手不足が深刻化しており、機械化で業務の生産性向上を図る。

 このたび完成した試作機を2019年から大林組が工事を手掛ける三井不動産の物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク船橋Ⅱ」(千葉県船橋市)の現場に投入、実証実験を行う。


自動搬送システム(三井不動産、大林組提供)


自動搬送システムの動画(三井不動産、大林組提供)

 AGVが資材置き場でカメラなどを用いて必要な資材を自動的に探し当て、積み降ろしも行う。さらに仮設エレベーターもAGVが自動で呼び出し、異なるエリア間を行き来することが可能。

 三井不動産はオフィスビルや物流施設などの新築現場で標準採用を目指すほか、完成した後の建物でもごみの自動搬送などに使うことを模索する。大林組は高層ビルなど大規模新築工事の現場で夜間に自動搬送し、省人化を推し進めていきたい考え。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事