画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

愛知製鋼、磁気マーカー使った構内物流の自動化システム実用化へ豊田自動織機子会社に出資

愛知製鋼、磁気マーカー使った構内物流の自動化システム実用化へ豊田自動織機子会社に出資

電動牽引車活用、実際の工場で製品テスト計画

トヨタ自動車グループの特殊鋼メーカー、愛知製鋼は12月22日、磁気マーカーを使った自動運転システムの実用化に向け、豊田自動織機子会社のユニカ(愛知県清須市)に出資すると発表した。同社株の約4%を5040万円で取得する。

愛知製鋼が手掛ける自動運転システムと、ユニカが手掛けている小型の電動牽引車「タグノバ」を組み合わせ、構内物流の自動化を目指す。愛知製鋼の工場などで製品テストを繰り返す予定。

自動運転システムは、車両の底部に取り付けた磁気センサーモジュールが走路に敷設した磁気マーカーの磁力を検知、自分の位置を高精度で推定する仕組み。


(愛知製鋼プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事