画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三菱重工と三菱ロジスネクスト、物流の知能化・自動化プロジェクトに着手

三菱重工と三菱ロジスネクスト、物流の知能化・自動化プロジェクトに着手

第1弾は飲料のピッキング対象、22年度に実証開始へ

三菱重工業と傘下の三菱ロジスネクストは1月20日、三菱重工が研究開発を進める物流機器の自律化・知能化ソリューション「ΣSynX(シグマシンクス)」のコア技術を適用し、物流を知能化・自動化するプロジェクトに着手したと発表した。

シグマシンクスは機械システムを知能化させ、最適な運⽤を実現するデジタル技術を集約。三菱重工以外の機器やシステムとも連携できるようにするのが特徴。

今後、倉庫内でのピッキング作業や入出庫・入出荷作業を自動化するソリューションを順次開発し、2020年にオープンした三菱重工運営の研究施設「Yokohama Hardtech Hub」(YHH、横浜市)で実証試験を行う。現在、第1弾として飲料のピッキング作業自動化に関するソリューションの開発を進めており、22年度にYHHで実証を開始する。


飲料のピッキングソリューションイメージ


YHHでのソリューション実証

現在開発中のピッキングソリューションは飲料倉庫や冷凍・冷蔵倉庫を想定し、AGF(無人フォークリフト)やAGV(無人搬送ロボット)、パレタイザーを連携させることによって、多数の作業者が従事するピッキング作業を自動化することを想定している。

複数のAGFやAGVを効率的に差配する群制御などの行動計画技術、ピッキング計画を再構築して生産性を向上させる最適化技術などの∑SynXコア技術を駆使して物流の知能化を達成。社会問題となりつつある物流オペレーター不足の解決に貢献する。

同ソリューションは、現在主流になっているマルチテナント倉庫への導入を想定し、床面工事などの大規模工事を不要とした三菱ロジスネクストのレーザーAGFといった機器・システムで構成。メーカーや3PL事業者のニーズへ柔軟に応えられる物流ソリューションを生み出したい考えだ。


AGFコンセプト機「Synx-Vehicle」

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事