画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

プラスオートメーションとZMPのロボット管理システムが連携

プラスオートメーションとZMPのロボット管理システムが連携

複数のロボット運行管理やモニタリングが一元的に可能

物流ロボットのサブスクリプションサービス「RaaS」(Robotics as a Service)を展開するプラスオートメーションとZMPは1月27日、プラスオートメーションの独自開発システム「+Hub」とZMPのロボットクラウドシステム「ROBO-HI」の連携を開始すると発表した。

今後は「+Hub」を介して、プラスオートメーションの提供する複数のロボットおよびZMP製ロボット「CarriRo(キャリロ)」の運行管理やモニタリングが一元的に可能となる。


+HubとROBO-HIのAPI連携。CarriRoとt-Sortを始めとする複数ロボット連携と管理の一元化。データ蓄積、可視化、分析までサポート


「CarriRo」と「t-Sort」シリーズなどの庫内における連携イメージ

「+Hub」は、物流業界の自動化、特にロボティクス化促進による高度化には必要不可欠なAGV(無人搬送ロボット)やAMR(協働ロボット)など、多様なロボットやデバイス、アプリケーション、設備を効率的に連携することを目的に、オンプレミスとクラウドの両方に対応するBIツールを備えたシステム。

「ROBO-HI」は、CarriRoの複数台制御や遠隔操作、運用の可視化を実現させ、省人化の効果を高めることを目的としたZMP独自開発のシステム。外部連携APIを通じてあらゆるシステムやロボット、デバイスと接続することも可能。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事