画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

アマゾン、兵庫・尼崎で10万㎡超の西日本最大物流拠点を開設

アマゾン、兵庫・尼崎で10万㎡超の西日本最大物流拠点を開設

東京ドーム2個分以上、商品保管100万立方フィートに

アマゾンジャパンは3月22日、兵庫県尼崎市で同社としては西日本で最大となる物流拠点「アマゾン尼崎フルフィルメントセンター(FC)」を同日開設したと発表した。

商品保管容量が約100万立方フィート、延べ床面積は10万平方メートル。規模は東京ドーム2個分以上に及ぶ。新FC開設で2000人以上の雇用機会を創出すると見込む。


新施設の外観(アマゾンジャパン提供)

新拠点開設でアマゾンジャパン全体の商品保管容量は、国内の20カ所以上のFCで1500万立方フィート以上に到達した。ロボットを活用する「Amazon Robotics (アマゾンロボティクス)」や先端技術を導入している。

Amazon Roboticsは商品棚を持ち上げて作業スタッフの元に運ぶロボットで、在庫商品を保管し、注文に応じて商品をピッキングする時間を削減。最大で40%多くの在庫を保管できるようになる。併せて、アマゾンが日本で独自に改良した自動荷合わせシステムも採用している。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事