佐川急便、航空保冷コンテナの電源をニッケル電池パックに変更へ

佐川急便、航空保冷コンテナの電源をニッケル電池パックに変更へ

フォワーダー初、環境負荷低減と作業効率化図る

 佐川急便は1月11日、航空保冷コンテナの電源を今年3月からパナソニックのニッケル水素電池パックに変更すると発表した。交通貨物フォワーダーとしては初めてという。



航空保冷コンテナ(上)に取り付けた充電式電池パック(下の青い部分)(佐川急便提供)

 従来使っていたマンガン乾電池はリサイクルではなく廃棄されていたため、充電が可能なニッケル水素電池パックに切り替え、環境負荷低減を図る。年間で約23万トン分の電池使用量を減らせると見込む。

 旧来は複数本の乾電池交換を強いられていたが、1個のパック交換で済むため、作業効率も高まると期待している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事