メルマガの配信元アドレスが変更となりました

佐川急便とグローバルロジ、東大阪のSGリアルティ開発施設で物流業務連携へ

佐川急便とグローバルロジ、東大阪のSGリアルティ開発施設で物流業務連携へ

荷主の集荷締め切り時間延長など実現

佐川急便と佐川グローバルロジスティクス(SGL)は8月31日、同じSGホールディングス(HD)グループで物流施設運営などを手掛けるSGリアルティが大阪府東大阪市で開発した「SGリアルティ東大阪」に新営業所を開設、9月1日に物流業務で連携を開始すると発表した。

SGリアルティ大阪は鉄骨造の地上4階建て、延べ床面積は7万8216平方メートル。佐川は「東大阪営業所」を移転・新設し、SGLも「東大阪SRC」を開設。前者は面積が1万7419平方メートル、後者は5万158平方メートルに達する。

SRC(佐川流通センター)として、配送機能と荷主企業の物流機能を同一箇所で運営、業務効率化と輸送のリードタイム短縮やエネルギー削減を図る。荷主企業の集荷締め切り時間延長などが実現できる見通し。

併せて、グループを横断して企業が抱える物流の課題解決をサポートするチーム「GOAL」が東大阪SRCを活用。保管や流通加工から全国への輸送まで包括的に手掛ける3PLを提供し、海外からの調達も支援、サポート内容の充実を図る。


「SGリアルティ東大阪」の外観


佐川の「東大阪営業所」


SGLの「東大阪SRC」(いずれも両社提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事