画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

トルビズオン、福島・桑折町で農業用水路上空を「空の道」に活用したドローンデリバリー実験

トルビズオン、福島・桑折町で農業用水路上空を「空の道」に活用したドローンデリバリー実験

土地改良区の維持管理費確保、農産物など配送も

ドローンの安全飛行支援を手掛けるスタートアップのトルビズオンは4月14日、福島県桑折町、伊達西根堰土地改良区、日本工営と連携し、同町でドローンを活用したフードデリバリーに関する実証実験を同日実施したと発表した。

トルビズオンは今後、実証実験の成果を踏まえ、農業用水路の上空を軸としたドローン航路網の構築を目指す。

伊達西根堰土地改良区は、西根堰や藤倉ダムをはじめとする農業用水利施設の所有・管理を担い、施設見学やノルディックウォーキングの開催などを通じた地域づくりへ意欲的に取り組んでいる。しかし、農業従事者の減少などで今後の維持管理費を確保していくことが難しくなっており、日本工営とともに施設の新たな活用方法を検討してきた。

日本工営は農業用水路上空をドローン空路として活用することを伊達西根堰土地改良区に提案。トルビズオンが展開している、土地所有者とドローンユーザーが上空の利用権を取引できるようインターネットで仲介、安全に飛行できる「空の道」を整備する独自サービス「sora:share(ソラシェア)」を使い、桑折町とも連携して実証実験にこぎ着けた。

■日時:2022年4月14日(木) 10~12時
■場所:福島県伊達郡桑折町
ドローン飛行離発着場所:福島県伊達郡桑折町大字下郡字下郡前5−2
飛行ルート:下図参照
■実験内容:
-農業用水路上空におけるドローン飛行のリスクアセスメント
-農業用水路上空におけるピザのドローン配送の検証(レベル2飛行)
-sora:shareを活用したドローン航行に対する社会受容確保-離発着便数…計1便(往復)
-使用機体…マルチコプター型ドローン(DJI M300)
-搬送重量…1.5kg -搬送距離…約3km
■今回の実証実験の配送ルート

実証実験で使用する機体(DJI M300)、配送するピザのイメージ、レガーレこおり外観

◆実証実験参加団体
(実施主体)あいうえお順
・株式会社トルビズオン…プロジェクトマネジメント、上空シェアリングsora:share
・桑折町…関係者調整、広報
・伊達西根堰土地改良区…空路情報および飛行ルートのフィールドの提供、関係機関との連絡調整
・日本工営株式会社…電子地図を利用した水路上空の空路デザイン、コンサルティング

(協力団体)あいうえお順
・JAふくしま未来…配送用ピザの具材提供、広報協力
・伊達果実農業協同組合…配送用ピザの具材提供、広報協力
・笹川工建株式会社(SCOL SORA)…ドローン機体提供
・レガーレこおり…配送用ピザの提供、飛行発着点のフィールド提供

トルビズオンは政府が2022年度中に有人地帯でのドローン目視外飛行(レベル4)を解禁する方向で準備を進めているのを考慮し、桑折町の採れたて農産物やテイクアウトメニューのドローン配送による労働負荷の軽減、災害時の物資支援、ドローンによる災害現場や有害鳥獣の被害状況確認への活用など、町が抱える課題を官民連携で解決していくことを目指す。

桑折町は交通の要所でもあり、同社は「空飛ぶクルマ」の活用も見据えているほか、福島市や伊達市、国見町といった周辺の自治体との広域連携を進め、より広範囲に空路をつなげていくことも検討する。

(藤原秀行)※写真などはトルビズオン提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事