画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

SBS東芝ロジ、三重・桑名に300坪の倉庫2棟開発へ

SBS東芝ロジ、三重・桑名に300坪の倉庫2棟開発へ

自動車用二次電池や変圧器など保管、企業立地基本協定締結

三重県桑名市は4月15日、三重県、SBSホールディングス傘下のSBS東芝ロジスティクスの両者と企業立地に関する基本協定を同日付で締結したと発表した。同市のTwitterアカウントで公表した。

SBS東芝ロジスティクスは桑名市内に新倉庫を建設する予定。同市によると、自動車用二次電池や変圧器などの東芝グループ製品を保管する300坪(約990平方メートル)の倉庫を2棟開発するという。

竣工時期など詳細は今後詰める。


協定書を手にする(左から)桑名市・伊藤徳宇市長、SBS東芝ロジスティクス・佐藤広明社長、三重県・雇用経済部企業誘致推進課の前川睦敏氏(桑名市Twitterアカウントより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事