GLR、埼玉・加須の物流施設2棟を取得

GLR、埼玉・加須の物流施設2棟を取得

広域配送拠点として提案へ

 事業用不動産の売買などを手掛けるジーエルアールインベストメント(GLR、東京)は1月23日、自ら組成した私募ファンドを通じて埼玉県加須市の物流施設2棟を同日付で取得したと発表した。

 購入したのは地上2階建ての「加須ロジⅠ」(延べ床面積8650平方メートル)と平屋建ての「加須ロジⅡ」(4127平方メートル)。いずれも東北道の加須ICから1キロメートル以内に位置している。取得と併せて両施設の管理運営業務も受託した。取得額や取得先は開示していない。

 現在はともに空室となっており、広域配送拠点としての活用を荷主企業などに提案、早期のリーシング完了を目指す。


「加須ロジⅠ」(左)と「加須ロジⅡ」の外観(GLR提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

 

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事