画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

NTTデータ関西、貿易書類を迅速・安価で共有可能なサービス開始

NTTデータ関西、貿易書類を迅速・安価で共有可能なサービス開始

業務の生産性向上、DX推進に寄与目指す

NTTデータグループのNTTデータ関西は6月16日、貿易手続きに必要な書類を関連企業が迅速・安価で共同利用できる新サービス「B2B TradeCloud」(ビートゥビー トレードクラウド)を6月から提供すると発表した。

同社が有する貿易・物流業界の知見と新サービスを掛け合わせ、紙の書類多用など、いまだアナログな作業が残る荷主企業の貿易事務効率化、関連企業間のより一層の迅速かつ正確な情報連携を後押しし、物流業界の貿易業務における生産性向上やDX推進への寄与を目指す。

初期費用(設定費用など)は100万円(税別)からで、中堅・中小の貿易関連企業も使えるよう料金は導入コストを抑えた月額10万円(同)からに設定。年間3億円の売り上げを目指す。

荷主企業を中心としたより多くの貿易関連企業にサービスを提供、貿易事務手続きの効率化だけでなく、貿易関連企業間の業務ステータスの共有、情報連携の促進を図る。


貿易関連業務における関連企業間の情報連携

今後はB2B TradeCloudの機能強化を進めるとともに、他の自社サービス(フォワーダー向け基幹システム、ワークフローなど)や、他社の貿易プラットフォームと連携、貿易関連企業との情報連携強化を目指す。


基幹システムからのデータ連携(いずれもプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事