画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ゼネテック、SCMを強力に支援する離散事象解析3Dシミュレーション最新版をリリース

ゼネテック、SCMを強力に支援する離散事象解析3Dシミュレーション最新版をリリース

自律移動型ロボットシステムの動きをシミュレーションできる機能強化

ゼネテックは6月17日、同社が日本総代理店を務めている米FlexSim Software Products(フレックス・ソフトウエア・プロダクツ)製のAI搭載離散事象解析3Dシミュレーションソフト「FlexSim(フレックスシム)」の最新版「FlexSim 2022」の日本語版を同日リリースしたと発表した。

FlexSimは工場や物流倉庫など人や物が動く現場を見える化し、生産性向上や最適化のための事前検証をドラッグ&ドロップ操作で簡単に行える3Dシミュレーションソフト。製造ラインや加工プロセス、物流倉庫、マテハンなどのシミュレーションモデルを、非常に軽量な3Dグラフィックを利用して構築し、「人・物」の流れを計算。機械や作業員の稼働率・作業負荷、作業時間など多岐にわたる情報を分かりやすい円グラフや折線グラフ(ダッシュボード)を使って一元的に表示できるのが特徴。

稼働率や生産数が最大になる最適解をAIが算出する機能も装備。世界81カ国で約6万ライセンスが導入済みで、国内も製造・物流業を中心に導入の機運が高まっている。

最新版は世界中の交通網を含むサプライチェーン・ロジスティクスを可視化し、物流効率化を実現する「GIS(地理情報システム)連携機能」や、物流倉庫の自律移動型ロボットシステムの動きをシミュレーションできる「AGV+A-Star(干渉回避モジュール)」の機能強化など、サプライチェーンの各工程最適化を通じ、正確で効率的なSCMを強力に後押しする機能を追加した。

(藤原秀行)※写真類はいずれもゼネテック提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事