画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日本郵便、集配車両のEV化と充電インフラの最適配置可能なシステム開発など推進へ

日本郵便、集配車両のEV化と充電インフラの最適配置可能なシステム開発など推進へ

NEDO事業に採択、11・3万の事業用車両対象

日本郵便は7月21日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「グリーンイノベーション基金事業/スマートモビリティ社会の構築」プロジェクトに、集配車両のEV(電気自動車)化と充電インフラの最適配置が可能なシステム開発などの提案が採択されたと発表した。

今回採択された事業を通じ、日本郵便が保有する二輪車および軽四輪車計約11.3万両の事業用車両の電動化や、エネルギーマネジメントの仕組みを構築するなど、2050年までにカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)の実現を目指す。

■採択された事業の概要

事業名 概要
運 行 管 理 シ ス テ ム 及 び
エ ネ ル ギ ー マ ネ ジ メ ン ト
システム構築・研究開発実証を
通じた集配車両 EV 化等による
カーボンニュートラルの実現
・集配業務における環境負荷と業務効率を考慮した最適な業務計画の策定および実行面での運行管理の実施
・運行管理と一体的なエネルギーマネジメントの実施
・構築したシステムを活用し、地域特性に応じた集配車両(二輪車および軽四輪車)の EV 化および充電インフラの最適配置の実施
商 用 電 動 車 普 及 に 向けたエネルギーマネジメントシステムの構築、大規模実証
・事業のうち、幹線輸送への水素燃料電池車両の導入および運行管理と一体となったエネルギーマネジメントシステムの構築の実施
※物流事業者・自動車メーカーなど各社との共同実施

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事