画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

九州電力やウェザーニューズなど、安全で確実な船舶運航支援サービスの提供へ共同実証開始

九州電力やウェザーニューズなど、安全で確実な船舶運航支援サービスの提供へ共同実証開始

人工衛星データとAI組み合わせ、海水が凍結した「海氷」との衝突回避など目指す

九州電力とウェザーニューズ、九州大学発のベンチャーで人工衛星開発などを手掛けるQPS研究所、九電ビジネスソリューションズは8月9日、AIと衛星の観測データから得た高精度な海氷(海水が凍結した氷)の大きさや分布などの情報を組み合わせて安全で確実な船舶の運航を支援するサービスの提供に向け、共同実証を開始したと発表した。

海氷が存在する海域や港における船舶の運航は、海氷との衝突による海難事故や、航路変更による到着遅延などのリスクがあるため、より高精度で即時の海氷情報が求められている。

4社は実証で、衛星の観測データをAIで分析して海氷情報をマッピングし、現地の実際の状況や既存のサービスと比較することで、海氷情報の精度や有用性を検証する。

4社は実証で得た知見を基に、衛星の観測データやAI分析など先進的なデジタル技術を活用することで、より安全で確実な船舶の運航の実現を目指す。


4社の共同実証イメージ(プレスリリースより引用)


海氷(ウェザーニューズ提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事