画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

パナソニックコネクト、新たな公式エバンジェリストに榊原CTOら3人の就任発表

パナソニックコネクト、新たな公式エバンジェリストに榊原CTOら3人の就任発表

「自律的に最適化するサプライチェーン」実現へ専門知識・経験を活用

パナソニックコネクトは8月19日、榊原彰、大坪紹二、宮津俊弘の3氏が新たに公式エバンジェリスト(IT領域で高度な専門知識を有する人材)に就任したと発表した。

榊原氏は日本アイ・ビー・エム(IBM)や日本マイクロソフト出身で、現在はパナソニックコネクトのCTO(最高技術責任者)。


榊原氏(パナソニックコネクト提供)

同社は7人のエバンジェリストを擁しており、サプライチェーンの様々な現場におけるDXのエキスパートや、顔認証をはじめとするセンシング技術のエキスパート、同社が有するソフトからハードまで幅広いコア技術のエキスパート、最新のデジタルマーケティングや、企業カルチャー、DEI(Diversity, Equity, and Inclusion=多様性と公平性、包括性)など多様な領域での活動を通した企業改革を語るエキスパートが集結している。

同社が目標に掲げている、工場の稼働具合や在庫の数量などの状況変化をリアルタイムで把握、配送や入出荷を自動的に効率化・最適化していく「オートノマス(自律的な)サプライチェーン」「オートノマスサプライチェーン」の実現に向け、様々な現場のデータ統合と意思決定サポートを高度化させていく中でAI技術の重要性が一段と増していることに着目。AI技術を活用した顧客との共創活動のさらなる活性化と顧客の事業発展支援のため、榊原氏がAI業界全般と同社のDX・テクノロジーを語るエバンジェリストに就く。

併せて、コネクトのR&D部門でBtoB向けのAI技術開発を牽引するCPS(Cyber Physical System=多様なデータを分析して産業活性化や社会問題解決を図るシステム )アーキテクチャー研究室の大坪紹二室長が様々な現場で活用できるAI技術を語るエバンジェリストに就任。これまでの経歴・経験に基づき、AI技術の現状と今後の方向性や同社のAI技術の進展について情報を発信し、顧客の現状認識の整理や潜在課題の抽出、顕在課題の解決をサポートする。

また、物流や製造業の業務改善に必要な現場の可視化でカメラやセンサーなどを導入、データを取得するに当たり、個人情報の取り扱いやプライバシー配慮の指針と知見、アドバイスを提供し、顧客のビジネス推進の一助となるため、ITデジタル推進部門に在籍し、カメラ画像を用いたデータ活用における個人情報の取り扱いとプライバシー配慮についてアドバイスを行うエキスパートとしてのキャリアを有する宮津氏が、個人情報利活用を支援するエバンジェリストを務める。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事