画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

米資産運用大手インベスコグループ、三菱商事都市開発と札幌で初の物流施設共同開発へ

米資産運用大手インベスコグループ、三菱商事都市開発と札幌で初の物流施設共同開発へ

1.7万㎡、23年秋竣工予定

三菱商事都市開発と米資産運用大手インベスコグループのインベスコ・グローバル・リアルエステート・アジアパシフィックは9月1日、札幌市で新たな物流施設「(仮称)札幌米里物流施設計画」の工事に着手したと発表した。

地上3階建て、延床面積は1万7079平方メートルを想定しており、竣工は2023年秋の予定。


札幌米里物流施設外観イメージ

今回の開発プロジェクトは、案件の組成から開発を三菱商事都市開発が中心となって推進し、開発後はインベスコが運用を担う初めての共同プロジェクト。三菱商事都市開発が北海道で物流施設開発を手掛けるのも初となる。

札幌市内中心部から約7キロメートルの米里北地区工業団地内に所在し、230万人の人口を抱える札幌都市圏への配送拠点や、道央自動車道の札幌ICや札樽自動車道の雁来ICへの近接性を生かした道内広域物流を支える保管拠点としての展開を見込んでいる。

■(仮称)札幌米里物流施設計画
地番:北海道札幌市白石区米里3条2丁目3-1
交通:JR「白石駅」より約4km、道央自動車道「札幌IC」より約1km、札樽自動車道「雁来IC」より約2km
敷地面積:8,570.00㎡(2,592.42坪)
延床面積:17,079.15㎡(5,166.44坪)
建物用途:倉庫
構造規模:鉄骨造 地上3階建て
設計・施工:株式会社熊谷組
竣工:2023年秋(予定)

■周辺地図


広域


狭域

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事