画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

JA三井リース、EVファブレスメーカーのASFに出資

JA三井リース、EVファブレスメーカーのASFに出資

物流など向け車両普及を後押し

リース大手のJA三井リースは9月22日、台湾塑膠工業(台湾プラスチック)グループで電気自動車(EV)の企画・開発・製造・販売などを担うスタートアップのASFに出資したと発表した。具体的な出資額などは開示していない。

ASFは工場を持たず外部に製造委託するファブレスメーカー。佐川急便と小型EVの共同開発を進めるなど、物流分野の脱炭素化に注力している。


ASFが開発中の小型EV車両(JA三井リース提供)

JA三井リースは、中期経営計画「Real Change 2025」の重点取り組みとして「モビリティ関連事業への進出」を、サステナビリティ経営の重点取組として「脱炭素に向けた再生可能エネルギー普及とトランジション促進」をそれぞれ掲げている。ASFの持つ先進的なEV開発力に加え、同社が構想する再生可能エネルギーを活用したEVインフラ関連ビジネスの将来性を高く評価し、出資を決めた。物流などの領域向けのEV普及拡大を後押ししたい考え。

ASFの会社概要

社名 ASF株式会社
事業所所在地 東京都中央区内神田3丁目22番3号 IM内神田ビル11F

設立日

2020年6月
資本金 13億4605万円
代表者 代表取締役 社長 飯塚 裕恭
事業内容 電気自動車の企画、開発、製造及び販売、バッテリーリース事業
URL https://www.asf-ev.com/

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事