マルハニチロ物流の冷凍冷蔵倉庫で火災、3人死亡

マルハニチロ物流の冷凍冷蔵倉庫で火災、3人死亡

東京・城南島の臨海エリア

※18時41分に配信した記事の内容を一部差し替えました

 2月12日午後1時半ごろ、東京都大田区城南島でマルハニチロ物流が構えている冷凍冷蔵倉庫「城南島物流センター」で火災が発生した。火は同日夜にほぼ消し止められたが、マルハニチロなどによると建物内で作業をしていたとみられる男性3人が死亡、1人がけがをした。東京消防庁などが身元の確認を進めるとともに火災の原因を調べている。

 マルハニチロ物流のホームページによると、同センターは東京モノレールの流通センター駅から車で約15分の臨海エリアに位置し、収容能力はF級が2万5112トン、C級が2472トン。

 国土交通省東京空港事務所などによれば、火災の影響で羽田空港の滑走路の一部で運用を一時的に見合わせた。


火災があった「城南島物流センター」(マルハニチロ物流ホームページより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事