画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

【独自・物流展】Mujin、国内初の「ロボット自身が積み付けを自動で順立て」デモを公開★訂正

【独自・物流展】Mujin、国内初の「ロボット自身が積み付けを自動で順立て」デモを公開★訂正

シャトルシステムなどの付帯設備不要、大幅なコストダウン可能と説明

※写真で「左がデパレタイザー、右がパレタイザーのロボット」と説明しましたが、正しくは2台ともパレタイザーのロボットでした。また、本文中でパレタイザーとデパレタイザーが二面ハンドと表記しましたが、今回はデパレタイザーのみ二面ハンドでした。作業の手順も一部修正しました。ご迷惑をお掛けした関係各位に深くおわび申し上げます

Mujinは9月13~16日に東京都江東区有明の東京ビッグサイトで開催された「国際物流総合展2022」(主催・日本ロジスティクスシステム協会、日本能率協会など7団体)で、国内で初めて、混載ケースの順立て・積み付けをMujinの知能ロボットが単体でこなし自動化する出荷ラインのデモを公開した。出荷する順にケースを送り出すシャトルシステムなどの付帯設備をそろえる必要がなく、大幅なコストダウンが可能という。

出荷ラインのデモはMujinが提供している知能ロボット「MujinRobot」のパレタイザー(ケース積み付け)、デパレタイザー(ケース荷下ろし)をそれぞれ担うモデルのロボットと、AGVで構成。従来はAGVなどを使い、パレタイザーの元へパレットに積み付ける順にケースを運んでくる必要があったが、デモではパレタイザーがまず運ばれてきた段ボールのケースを平場に並べて配置した上で、最適な積み付けの順番をケースの大きさや形状から判断。順番にパレットへ混載していく「自動順立て機能」を発揮した。


パレタイザーのロボット。ケースの形状からパレットへ積み付ける最適な順番を計算、判断している。動作の早さも来場者の目を引いていた

積載効率や出荷先の品出し効率を考慮して最適な積み付け方を計算できるのが強みだ。デパレタイザーは二面ハンドでケースをつかむことで安定して作業できるようにしており、スピードアップも実現。重量物も迅速に処理できる。

今年の物流展では自社単独のブースと併せて、豊田自動織機やレンゴーのブースでも出荷ラインの自動化を提案するデモを展開した。豊田自動織機では同社の自動フォークリフト(AGF)とMujinの知能ロボットやAGVを連携させた出荷自動化の手法を発表。レンゴーではピースピッキングが可能な知能ロボットなど2機種とレンゴーの梱包機を駆使し、段ボールケースへの箱詰め・梱包・かご車への積み付けの一連の工程を自動化したデモなどをお披露目した。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事