新型コロナウイルス感染症への対応について

「ドローンサービス推進協議会」が発足

「ドローンサービス推進協議会」が発足

東京大名誉教授・鈴木真二氏ら参加、サービス内容の標準化など目指す

ドローン(無人飛行機)の産業活用におけるサービス品質標準化を目指す「一般社団法人ドローンサービス推進協議会」(DSPA、東京都港区北青山)がこのほど発足した。

設立メンバーは日本のドローン産業利用の第一人者、東京大名誉教授・未来ビジョン研究センター特任教授工学博士の鈴木真二氏が代表理事に就任。市川芳明(多摩大ルール形成戦略研究所客員教授)、秋本修(日本無人機運行管理コンソーシアム事務局長)の両氏が理事、小野陽一氏(パーソルプロセス&テクノロジーICTO統括部長)が理事兼事務局長をそれぞれ務めている。各メンバーが持つノウハウを集結させ、ドローンサービスの普及に寄与できる標準化を進める方針。

DSPAは「規制緩和や市場拡大に伴い、ドローンを活用したビジネスへ新規に参入したり、参入を検討したりする企業が増えているが、現時点ではサービス基準が整っておらず、提供者によってサービス品質の差が大きいため、費用の相場などの適正な評価が困難な場合が多く、ドローンの普及を阻害している一要因になっている」と指摘している。

9月29、30日の両日に千葉市の幕張メッセで開かれる国際展示会「Japan Drone 2020」にもブースを出展する予定。


ロゴマーク(DSPA提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事