画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

商船三井と東北電力、世界初の硬翼帆式風力推進装置搭載船が竣工

商船三井と東北電力、世界初の硬翼帆式風力推進装置搭載船が竣工

海外からの石炭輸送に投入、温室効果ガス排出抑制を期待

商船三井と東北電力は10月7日、共同で建造を進めていたウインドチャレンジャー(硬翼帆式風力推進装置)搭載の石炭輸送船が同日竣工、運航を開始したと発表した。

大島造船所で命名引渡式を行い、「松風丸」と命名した。


船体の写真(プレスリリースより引用)

本船は世界初のウインドチャレンジャー搭載船舶で、東北電力の専用船として主にオーストラリアやインドネシア、北米などからの石炭輸送に投入する。

ウインドチャレンジャーの導入による温室効果ガス削減効果は、従来の同型船と比較し、日本~豪州航路で約5%、日本~北米西岸航路で約8%を見込む。燃料輸送時の温室効果ガス排出抑制につながると見込む。

ウインドチャレンジャー搭載石炭輸送船「松風丸」の概要

船主・運航会社 株式会社商船三井
全長/全幅 約235m/約43m
載貨重量 100,422t
建造造船所 株式会社大島造船所
船籍/船籍港 日本/能代港
ウインドチャレンジャー仕様 高さ:最大約53m(4段式)
幅:約15m
帆の材質:繊維強化プラスチック

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事