画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

Telexistenceとセンコー、物流施設でパレット積み付けなど担うロボット導入で実証実験

Telexistenceとセンコー、物流施設でパレット積み付けなど担うロボット導入で実証実験

23年に試験運用開始目指す

遠隔操作・AIロボットの開発を手掛けるTelexistence(テレイグジスタンス、TX)とセンコーは10月21日、TX製ロボットソリューションの導入に向けた実証実験をセンコーの物流施設で実施したと発表した。


(センコーが物流業務を受託する神奈川県愛川町の「西関東ロジスティクスセンター」でTX製ロボットソリューションの実験を行う様子。2022年10月20日撮影)

今回の実証実験はTXの独自AIシステムによる自動制御と人による遠隔操作のハイブリッド制御ロボット技術を核としたTX製ロボットソリューションが備えているマルチタスク性とマルチロケーション性に関する検証を実施した。

TXとセンコーは、マルチタスク性とマルチロケーション性を兼ね備えたロボットソリューションが確立されることは、大型自動化設備の採用が難しいとされる既存物流施設や中規模物流施設への導入を可能とし、人件費高騰や慢性的な人手不足が深刻化する物流業界の課題解決につながるとみている。

<主な検証事項>
・専用マテリアルハンドリング機器無しに、複数種類の手荷役を担えるか(マルチタスク性)
・パレットからコンベアへの投入作業を担えるか
・パレットからカートラックへの積み付け作業を担えるか
・作業内容をロボットに教える「事前ティーチング」無しに、複数の作業場所で稼働できるか(マルチロケーション性)
・周辺環境の情報を事前に登録することなく、作業毎に異なる場所で稼働できるか

<主な技術的特徴>
・複数種類の手荷役を異なる作業場所で行うために必要となる周辺環境情報の登録を、遠隔操作オペレーターがリアルタイムかつ簡易に実行するための独自アプリケーションを開発
・対象物や把持点の認識、動作計画生成など、コンベア投入およびカートラック積み付けに係る一連の動作を自動制御するための独自AIシステムを開発
・把持面にミシン目のあるケースや強度の弱い素材が使われたケースにも対応した独自ロボットハンドを開発

TXは今後、混載パレットのコンベア投入など複雑な手荷役への対応や動作速度の向上などを行い、2023年にはセンコーの物流施設で実際の業務にTX製ロボットソリューションを組み込んだ試験運用の実施を予定している。

センコーは2014年、新設の物流拠点にデパレタイズアームロボットを導入。以降もAGV(無人搬送ロボット)など省人化・省力化機器の導入を積極的に進めてきた。今回の実験では、既存の物流施設でロボットを複数の作業場所に移動させ、人に代わって様々な手荷役作業を、環境に応じて的確に業務遂行できるのかどうかを見極めた。

■センコーとTXによる実証実験の概要
実施日:2022年10月21日
場所:センコー 西関東ロジスティクスセンター


コンベア投入


カートラック/パレット積み付け


ミシン目ケース対応ハンド

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事