画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

川崎重工、マスターレスで単載・混載に対応可能な自動デパレタイズソリューションを発売

川崎重工、マスターレスで単載・混載に対応可能な自動デパレタイズソリューションを発売

形状特殊なケースも追加で対応可能、1時間当たり650個以上と処理能力見込む

関連記事:【独自・物流展】川崎重工、混載対応の自動荷下ろしロボットを公開

川崎重工業は11月7日、物流拠点や工場内で人に代わってパレットからの荷降ろしを自動化するデパレタイズソリューションの販売を開始すると発表した。

同社独自技術の3次元AIビジョンシステムでケースを認識するため、事前の品種・積み付けパターン登録が一切不要(マスターレス)で、単載・混載を問わずケースの荷降ろしを行えるのが特徴。形状が特殊なケースが流通しても、追加学習し認識が可能。

置き位置を登録するだけでロボットが自動的に動作できるため、システムアップ期間の短縮に貢献できると見込む。パレット上からの荷降ろし処理能力は、標準システムで1時間に650個以上と想定。リモートサポート・保守を可能とする機器とアプリケーションも標準品として付属している。


ソリューションのイメージ

市場投入に際し、永光産業、エイブル精機、FAプロダクツ、カネショー、三機工業、シンテック、智頭電機、ポッカマシン、菱和電機のロボットシステムインテグレータ(SIer)9社と協業、エンドユーザー向けに周辺機器を含めたシステムアップを実施する。

物流分野向けのラインアップに本デパレタイズソリューションを加えることで、物流分野における自動化に大きく寄与することを目指す。川崎重工はカワサキロボットを活用したソリューションを引き続き提供していくことで作業の効率化を促進し、労働力不足やコスト上昇といった物流分野の課題の解決を後押しする考え。

■標準システム概要

※リモートサポート・保守を可能とする機器とアプリケーションを含む。排出コンベアは含まない。

■標準システム対応条件

パレットサイズ 1,100mm×1,100mm×150mm
積み上げ高さ 1,600mm以下
対応ケース寸法 最大:600mm (L) x 500mm (W) x 400mm (H) 最小:200mm (L) x 150mm (W) x 100mm (H)

(藤原秀行)※いずれも川崎重工業提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事