画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

セブン&アイ、そごう・西武をソフトバンク系米ファンドのフォートレスに売却発表

セブン&アイ、そごう・西武をソフトバンク系米ファンドのフォートレスに売却発表

23年2月1日付、ヨドバシと連携し再建へ

セブン&アイ・ホールディングスは11月11日、傘下の百貨店大手、そごう・西武をソフトバンクグループ系の米投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループに2023年2月1日付で売却すると発表した。保有するそごう・西武の全株式を譲渡する。

売却額は、そごう・西武の企業価値を2500億円と設定した上で、同社グループが抱える有利子負債額などを加味して正式決定する。

百貨店業界は構造的な需要低迷が続いている上、新型コロナウイルスの感染拡大などで今後も経営環境が厳しいことが見込まれるため、企業再生や不動産運営などのノウハウを持つフォートレスに再建を委ねることにした。ただ、そごう・西武の子会社で生活雑貨を手掛けるロフトは引き続き、セブン&アイのグループ内にとどめる。

フォートレスはそごう・西武の取得と再建に際して、家電量販大手のヨドバシホールディングス(HD)と連携。ヨドバシカメラがそごう・西武の店舗に出店することなどを検討している。

フォートレスはこれまで、賃貸住宅大手のレオパレス21や国内ゴルフ場運営最大手のアコーディア・ゴルフ・グループなどに投資してきた。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事